大学のゼミについて

ゼミを選ぶ際のポイントは大きく分けて2つあると思います。
就職を考えた際に有利なゼミ、もしくは人脈の広い教授のゼミ。
もしくは、ゼミを取ることが必須になっているので
楽に単位をくれる教授のゼミ。
ちなみに僕は後者のほうでした。
ゼミはその担当によって本当に様々です。
ゼミを取るために面接やレポートを学生に求めるゼミ
もあれば何もせずに取れるゼミもあります。
また、始まってからも出席を取らないけれども
課題がやたら多いゼミもあれば課題は少ない
けれど出席を重要とするゼミもあります。
両方がキツいゼミもありますが、両方とも緩い
ゼミもあります。
僕の場合なんかはかなり緩い教授のゼミだったの
で本当に楽でした。
ある時授業に遅れていった時も生徒が一人もおらず
教授が一人ポツンと椅子に座っている日なんてのも
ありました。
しかし、同じゼミを取っていた人のほとんどの人
がしっかり単位をもらっていました。
なので自分のスタンスを考えた上で
それにあったゼミを取りましょう。

大学のゼミについて

趣味として新しいスポーツに挑戦中です。

私は昔からスポーツは好きなのですが、コレと言って、一つのスポーツのみに打ち込んだことはありません。
因みに、小学生の頃に3年間だけスイミングスクールと、野球を習っていた経験はありますが、本当に3年程しかやっていなくて中学・高校はそういった部活などに所属したことはほぼ無いです。
なので、たまに友人に誘われて草野球の練習試合に参加したり、気晴らしに知人のフットサルチームに参加させてもらったり、とにかくかなり不定期にはスポーツしかしていません。
そんな私、20代後半になった今、健康や体型維持の意味も込めて、趣味で良いですので『何か一つ本気で楽しみながらスポーツに打ち込みたい』という願望が芽生えました。
そこで一番身近で毎週スポーツをしている母親に相談してみました。
すると母親の行っているソフトテニスチームの仲間がコーチをしているという、誰でも参加出来るバドミントンを紹介してもらえることになりました。
バドミントンは実は恐ろしいくらいに身体を瞬足で動かし、高い動体視力を必要とされる競技ですので若干不安でしたが、「取り敢えずやってみないと分からないものだし一度参加してみよう」と、夕方、隣町の小学校の体育館を使って練習している日に連れて行ってもらいました。
するとバドミントンをしている皆さん、本当に優しくて、もの凄く楽しかったのです。
と言うことで、(体力的に)いつまで続くか分かりませんが、新しいスポーツの趣味としてバドミントンをスタートさせました。
焦らずに腕をあげられたらと思います。
そんな感じで、以上私が最近になって新たにスタート出来ることになった、スポーツの趣味のお話でした。

趣味として新しいスポーツに挑戦中です。