初診で保険証を忘れても大丈夫!

初診で病院に行く時にうっかり保険証を忘れてしまう人は多いのではないでしょうか?
保険証は毎月のように提示しないといけないので場合によっては、初診でなくても
保険証を忘れてしまうといったケースもあるかもしれませんね。
保険証がない場合は自費診療になってしまうので治療費が高くなります。
大体保険証があれば3割負担ぐらいなので単純に計算すると普段病院に払う時の
3倍のお金が治療費として必要になると考えていいでしょう。
で、もし保険証を忘れた場合でもお金をとりあえず払えれば問題ありません。
というのも後日病院に保険証を提示すれば保険適用の治療費の差額が戻ってきます。
で、通院の場合で月初めの保険証を忘れてしまった場合ですが、このケースでは
次回持ってきてくださいということで、保険適用のまま治療費が計算されることが多いです。
この月初めの保険証の提示はそもそも、保険証が変わったり失効しているのに
名乗り出ない人が多いために病院が確認作業の一環として行っているので
月初めに保険証が確認できなかったから保険が使えないというわけとはちょっと違います。
なのでまあ次回に来院した時に保険証を提示してもらうという約束だけで
済まされることが多いわけです。ただ初診となると自費診療になる場合がほとんどです。
保険証がない人が最初だけ誤魔化して受診するケースも考えられるからですね。

参考:保険証がない!病院を受診できる?

初診で保険証を忘れても大丈夫!

ラシックスとフレティックの違いは?【もう買えない!?】

ラシックスはむくみを取る効果が凄い利尿薬です。
医薬品なので当然副作用があるのですが、そのむくみを取る効果があまりにも
凄まじいのでダイエットのために個人輸入している女子も多い医薬品です。

そんなラシックスと、フレティックという医薬品の違いを紹介します。
フレティックはラシックスのジェネリック薬にあたる医薬品です。

なので違いとしてはジェネリックであるフレティックのほうが価格が安いです。
どれぐらい値段の違いがあるか?は通販で使う個人輸入サイトで違うと思いますが、
私の感覚からすると1箱300円ぐらいフレティックのほうが安いイメージです。

たまにフレティックを服用している方の中には、ラシックスよりも効果が〇〇と
違いがあるように感じる人もいますが、ジェネリック薬なので成分や効果は
基本的に同じで違いはありません。

なので普通は安く買えるジェネリックのフレティックにする人が多いですが、
個人輸入サイトだとフレティックの取扱いがないサイトも多いですね。

とは言え、今年からはもう個人輸入でどちらも購入できなくなります。
理由はどちらにも使われている有効成分のフロセミドが厚生労働省の
スマートドラッグの輸入規制に引っ掛かってしまったからですね。

病院で処方してもらうしかないのでその場合は日本で発売されている
別のジェネリック薬を処方してもらえるかもしれません。

個人輸入したい場合は似たような成分の利尿薬しか通販することはできません。

【関連記事】
ラシックスと同じ成分の医薬品は個人輸入(通販)できる?

ラシックスとフレティックの違いは?【もう買えない!?】